どっち向いて寝ればいいの!?(非公開)

投稿日:2015年6月11日|作成者:ezawa|納得数:0
私のこだわりPOINT

仰向けか横向きで寝る人が多いらしいけど、健康にいい寝方はどっち?
内臓や腰に負担をかけずに快眠を目指したい!

横向き寝 仰向け寝

画像

どちらかの頬を下にして眠ることで、重力でほうれい線ができやすくなったり、たるみにつながってしまいます。さらに、まくらとの摩擦からニキビや吹き出物といった肌トラブルを引き起こす可能性もあるので、枕を清潔に保つなど注意が必要です。

3

美容

5

肌が枕に触れることが少なく、肌トラブルとは無縁です。非常に身体の歪みをつくりにくい寝方で姿勢がよくなります。ただ、首にしわができやすくなるため、背の高い枕は使わない方が良いです。

睡眠時無呼吸症候群の防止になります。腰とベッドの間に空間ができないため、腰への負担が軽く腰痛持ちにはオススメです。デメリットとてしは、骨盤をはじめとした体のゆがみにつながり、新陳代謝の低下や血行不良になりやすくなってしまいます。

4

健康

3

血液が無理なく全身を巡るため、血栓ができにくくなります。デメリットとしては、重力で舌が喉に落ちやすくなり、睡眠時無呼吸症候群やいびきの原因となります。また、腹筋が弱い人は腰に負担がかかり腰痛の引き金になります。

右側を下にすることで心臓を圧迫することなく、リラックスしてよく眠れます。なお、左側を下にするのはあらゆる意味で良くないと言われています。

5

睡眠の質

3

身体と足が真っ直ぐに伸びたままで全身の休息目的には向かず、睡眠の質は低いと言われています。

12/15

合計ポイント

11/15

比較の結果
横向き寝
の勝利!
ちょっと付け足し

美容の面で若干のデメリットはありますが、腰への負担や睡眠時無呼吸症候群の防止を考えた場合、横向きが優れているように感じました。

ひとことコメントこの比較に関する意見や情報ならなんでもOK!
投稿