外国語を学ぶならどっち?(非公開)

投稿日:2015年5月29日|作成者:kanantasu|納得数:7
私のこだわりPOINT

・人生を豊かにするほうを選びたい。

英語 中国語

画像

公用語人口:14億人

詳細

公用語人口:10億人

英語が使えても「ライバルが多い」「英語を公用語としている国の社会水準が同程度(先進国)」といった理由から一歩抜け出すことができません。

4

ビジネス利用度

5

中国語を使える人数が少ないため、様々な場面で重宝されることでしょう。また、急成長しているとはいえ、まだまだ中国には日本から輸出できる高品質な消費やサービスが多いと思います。

海外旅行・インターネットでの情報収集・子供に勉強を教えるなど、様々な場面で大活躍します。英語のみで提供されている海外ゲームも楽しむことが出来ます。

4

プライベート利用度

2

中国が大好き!という人以外はプライベートでの利用場面は多くはありません。

学術の世界で生きていきたいのであれば英語は必須です。

5

学術的な利用度

3

学術の世界で生きていくのに中国語は必須ではありません。しかし、人口10億人・世界2位の経済規模を誇る中国の言葉を学んでおけば、予期せぬチャンスに恵まれるかもしれません。

欧米に憧れを抱く多くの日本人にとって、英語を使えることのカッコよさは最大級です。

5

カッコよさ

3

日本人は中国に対してカッコいいと感じることは少ないので、中国語に対しても同じイメージです。ただ、個人的には中国語を使える人はカッコいいと思います。

18/20

合計ポイント

13/20

比較の結果
英語
の勝利!
ひとことコメントこの比較に関する意見や情報ならなんでもOK!
投稿