メインで使えるスティック型コードレス掃除機(非公開)

投稿日:2015年5月26日|作成者:kanantasu|納得数:6
私のこだわりPOINT

・毎日使うので、とにかくストレスの少ない掃除機であること。

エルゴラピード・リチウム ダイソンDC62

画像

約19,300円。上位モデルにも関わらず2万円以下のお値打ち商品です。

4

価格

2

約44,000円。さすがダイソン!と感じる強気の価格設定です。

2.6kg。ダイソンより重いのですが、重心が下の方にあるため非常に軽く感じます。ヘッドの動きもスムーズ。

5

重さ・取り回し

3

約2kg。重心が上の方にあるため、エルゴラより重く感じます。また、電源がトリガー式なので、ずっと握っているのが疲れます。

まったく不満のないレベルの吸引力です。

4

吸引力

4

吸引力が一番の特徴だと言われていますが、実際のところそれほど差は感じられません。

リチウム電池。通常モード35分・最大モード13分。充電時間4時間・約500回充電可能。バッテリー交換は8,400円です。

4

バッテリー

4

リチウム電池。通常モード20分・強モード6分。充電時間3時間半・約500回充電可能。

非常に簡単にゴミ捨てが出来ます。

3

ゴミ捨て

3

ワンタッチのゴミ捨て機能が便利ですが、勢いが付きすぎてゴミが舞ってしまうのを嫌う人も多いようです。

100年以上の歴史を誇る世界最大級の家電メーカー(2010年時点では世界2位)だけあり、細かい部分までしっかり作りこまれています。

5

その他の使用感

2

保管時に縦置きするためには壁にネジを止める必要がある。使用時に排気が顔に当たる。トリガー方式の電源が疲れる。といった問題点があります。

25/30

合計ポイント

18/30

比較の結果
エルゴラピード・リチウム
の勝利!
ちょっと付け足し

ダイソンの優れた点もたくさんあると思いますが、「コスパ」「使い勝手」の面でエルゴラピードに圧倒的な優位性がありました。

ひとことコメントこの比較に関する意見や情報ならなんでもOK!
投稿