大作MMORPG今から始めるならどっち?(非公開)

投稿日:2015年5月25日|作成者:ezawa|納得数:1
私のこだわりPOINT

今から始めて既存プレイヤーの友達と一緒に遊びたい。
がっつりプレイしたいので、やりこみ要素は多い方がいい。
パーティプレイ限定のコンテンツが多いのはイヤ。

ドラゴンクエスト10 ファイナルファンタジー14

画像

プレイ環境:Windows、Wii、WiiU、3DS
料金:パッケージ料金(3種)+月額1,000円
サービス開始:2013年8月
開発会社:スクウェアエニックス
売上本数:約100万本
戦闘システム:エンカウント制

詳細

プレイ環境:Windows、PS3、PS4
料金:パッケージ料金(2種)+月額1,598円
サービス開始:2013年8月
開発会社:スクウェアエニックス
売上本数:約150万本
戦闘システム:ターゲティング制

月額1,000円で3キャラクターまで作成可能です。毎月の支払が、FFより400~600円安いのは地味に大きい。毎日2時間だけ、プレイ無料のキッズタイムがあります。

4

料金

2

1ワールド1キャラのみ作成できるエントリープランであれば、月額1,380円で遊べます。

MMORPGとしはエンドコンテンツが緩め。一部の廃プレイヤーの中にはすべての目標を終わらせた人もチラホラ。ただ、最近実装された石版・宝珠集めはかなりのボリュームを誇ります。

3

やりこみ要素

4

シナリオクリア前提のエンドコンテンツが多めです。一見終わりが見えないコンテンツもありますが、進行度や受注権、得られる通貨などに制限がかけれており、廃プレイヤーを輩出しにくい仕様になっています。

初心者優遇のキャンペーンを数多く行っており、既存ユーザーの助力があれば、2~3か月のプレイで現行ユーザーの平均的なレベルまで到達できます。覚えなければいけないことが少なく、パーティプレイに求められるPSは低めです。

5

始めやすさ

2

覚えることが非常に多いです。協力者さえいれば比較的短期間でシナリオクリオまでは行けますが、パーティプレイに高いPSが求められ、既存プレイヤーに追いつくには相当な努力が必要です。

Wii版ではグラフィックが粗く、特に新しいコンテンツなどで不具合が報告されています。また、全編アニメ絵なので受け付けない人は無理かもしれません。

3

グラフィック

5

何しろ綺麗です。特にハイスペックPCでプレイした場合、息を飲むほど美しい世界を堪能できます。

流石はドラゴンクエストと言ったところで、すぐに世界観に溶け込むことができます。ただ、一部のシナリオを除きストーリーの内容が薄く、あくまでエンドコンテンツを楽しむための準備期間という感じが否めません。

3

世界観&ストーリー

4

世界観の理解に時間はかかりますが、FF14の世界に入り込めさえすれば、壮大かつ奥深いストーリーの虜になります。ただ、謎に包まれた部分が多く理解できないこともあるので、ある程度のスルースキルが必要になります。

18/25

合計ポイント

17/25

比較の結果
ドラゴンクエスト10
の勝利!
ちょっと付け足し

全体的に一長一短ですが、今から既存のプレイヤーに追いつくのが、DQ10の方がかなり易しそうだったのが決め手になりました。

ひとことコメントこの比較に関する意見や情報ならなんでもOK!
投稿