本気でお金持ちになりたい人のための投資手段(非公開)

投稿日:2015年5月23日|作成者:kanantasu|納得数:0
私のこだわりPOINT

・本気でお金持ちになりたい人が対象。
・投資する額は同規模と仮定。

株式投資 不動産投資

画像

行動と結果の関連性がほとんど分からないのが株式投資の特徴です。非常に頭のよい人でないと、株式投資の経験を糧にすることは難しいでしょう。

2

経験値

5

不動産に関しては1つ1つの出来事が経験値として蓄積していく特徴があります。業者に任せきりにせず、自分自身が地道に「思考・行動・反省」を繰り返していく習慣をつけましょう。

「新規参入の手軽さ」「投資可能額の大きさ」などの要因により株式市場は圧倒的な知力を持つ人間が集まる市場となっています。少し頭が良い程度では勝ち続けることは難しいでしょう。有効な投資手法を見つけたとしても、一瞬で広まってしまいます。

2

勝算

3

不動産市場にも優秀なプレイヤーはたくさん存在しますが、ニッチ(需要と供給の隙間)を見つけることで勝てる確率は高くなります。

株式投資でも信用取引などでレバレッジをかけることができますが、あまりにもリスクが大きいので一般の人にはオススメできません。

3

レバレッジ

5

レバレッジは不動産投資の一番の利点だと言われています。
しっかりと不動産のノウハウを蓄積したのちにレバレッジをかけることで大きな利益を得ることができます。

本質的には株式投資も膨大かつ継続的な調査が必要ですが、ノリだけで売買を繰り返すことも可能。絶対的に必要なのは口座開設のみ。

4

手軽さ

2

調査・購入・入居者対策・管理・修繕など、何から何まで手間がかかります。

銘柄によっては非常にギャンブル性の高いものがあります。一般的に十分に分散したバリュー投資はリスクが低いと言われています。

2

ギャンブル性の低さ

4

安い物件でも高い物件でも基本的には「市場価値」に則しているため、それほどギャンブル性が高くありません。身の丈に合わない借り入れをしないように注意しましょう。

13/25

合計ポイント

19/25

比較の結果
不動産投資
の勝利!
ちょっと付け足し

言うまでもないことですが、株式投資と不動産投資の両方に「リスク」と「お金持ちになれる可能性」があります。ここでは「どちらが確実にお金持ちになれる能力が高まるのか?」を重視しました。

ひとことコメントこの比較に関する意見や情報ならなんでもOK!
投稿