この夏、海に持っていける防水デジカメ対決 2015(非公開)

投稿日:2015年6月26日|作成者:tomoki|納得数:7
私のこだわりPOINT

・家族や友達との海外旅行に持っていける防水防塵のタフなデジカメ
・鮮やかでダイナミックな写真がとれる広角レンズ
・プールの飛び込みなんかもかっこ良く撮影できるハイスピード撮影機能。

富士フィルム FinePix XP80 オリンパス STYLUS TG-860 Tough

画像

撮像素子:1/2.3型 裏面照射CMOS
開放F値:F3.9(広角)~F4.9(望遠)
感度(最大):ISO6400
重さ:約179g
JIS/IEC保護等級:IP68相当
ズーム:光学5倍×デジタル2倍

詳細

撮像素子:1/2.3型 裏面照射CMOS
開放F値:F3.5(広角)~F5.7(望遠)
感度(最大):ISO6400
重さ:約224g
JIS/IEC保護等級:IP68相当
ズーム:光学5倍×デジタル4倍

価格:26,460円
実勢価格:19,149円

5

価格

3

価格:37,800円
実勢価格:28,800円

28mm~140mm(35mm換算)

一般的な画角。
iPhoneより少し広いくらいなので不便は感じないレベル。

3

画角

5

21mm~105mm(35mm換算)

コンパクトデジカメでここまでの広角は珍しい!
他のデジカメでは取れない、ダイナミックな写真が取れる。
広い海や空の開放感をそのまま表現できる!

F3.9~F4.9

iPhoneがF2.2。数字的には結構暗いけど、屋外での撮影が基本だから許せる範囲。

3

明るさ

4

F3.5~F5.7

もう少し明るいと嬉しいけど、基本は屋外で使うカメラなので不便は感じないかも。

2.7インチ
46万ドット

チルトしないのが残念だけどこれが価格差のポイントの一つかな?

3

液晶

5

3インチ(チルト液晶)
46万ドット

液晶部分が開くので自撮りはもちろん、いろんな角度で撮るときに便利。
自撮りの時に液晶とレンズが近く、視線がズレにくくてGOOD!

Full HD 1920×1080 60p(MOV)
320fpsのハイスピード撮影

320fpsはスゴイ!
海への飛び込みとか、水しぶきの動きとか、冬もスノーボードでジャンプしたシーンをかっこ良く撮れちゃう!

4

動画

4

Full HD 1920×1080 60p(MOV)
240fps(640×360)

フレームレートはiPhone6のスローモーション撮影と同じ。

ハイスピード撮影時に画質が落ちるのが残念。
でもスポーツとかでフォームチェックするくらいには十分使える。

マルっとツルっとしてて可愛い。
鮮やかな黄色もスポーティーで良い!

片手持ちの時に親指を置ける場所があるのも便利。

5

デザイン

3

ちょっとゴツゴツしてて「Tough」って書いてあるのがダサい。

見方によっては普通のデジカメにも見えるので、許せる範囲。

23/30

合計ポイント

24/30

比較の結果
オリンパス STYLUS TG-860 Tough
の勝利!
ちょっと付け足し

約1万円の価格差がありましたが、21mmの広角はその差を埋めてしまうくらい価値があるものでした。
他のコンデジではどう頑張っても撮れないダイナミックな画像はレジャーやスポーツに最適!

XP80のハイスピード撮影にも惹かれましたが、動画編集するわけではないので必要性は低いと判断しました。

ひとことコメントこの比較に関する意見や情報ならなんでもOK!
投稿