ファミリー向けテント比較(非公開)

投稿日:2015年6月13日|作成者:nackletarou|納得数:6
私のこだわりPOINT

・家族を連れてキャンプに行こう!
・テントがないから買っちゃおう!
・とりあえず入門用でいいか!
・予算3万円前後で!

スノーピーク SDE-001アメニティドーム コールマン 2ルームドーム/240

画像

定員:大人2名+子供3名用
重量:8.9kg

詳細

定員:大人3~4人用
重量:17kg

32,184円
寝室と入口にちょっとしたスペースがあるタイプ。
ご飯とか食べるようのスペースを確保するために、別途タープが必要になります。
スノーピークのタープは安い物でも3万円前後。
テントとタープを買うとなるとかなり痛い出費。

2

価格

5

36,799円
価格は高いが2ルームなんです。
リビング的なスペースが用意されておりそこでご飯も食べられます。狭いけどね

スノーピークは日本のメーカー。新潟県のアウトドア大好き集団がホントに良い物を作りたいってことでやってるメーカーです。価格はちょっと高くても、どれもホントに良い物ばかり。スノーピークのアイテムを持ってるとちょっとドヤれます。

5

ブランド力

4

コールマンはアメリカのアウトドアメーカー。安価で満足できるアイテムに定評があります。スノーピークに比べると安物という印象ではありますが、初心者がアウトドアを楽しむ分には全く申し分ない良い作りです。
安価で満足度の高いコールマン。シェア的には圧倒的にコールマンが多いです。

設営は結構簡単。
でも別でタープを設営すると考えると結構めんどくさい。

4

設営

5

若干ポールの数が多い。
でも別でタープを設営しなくていいと考えるとまぁいいか。

寝室:約270×270cm

5

広さ・重さ

4

寝室:約240×240cm

対水圧:1800mmミニマム

数値上ではいい勝負ですが、他のメーカーの対水圧表記は平均値で、スノーピークの対水圧は最低対水圧です。スノーピークのテントはつなぎ目など対水圧の弱くなりがちな場所など、どの場所で計測しても1800mm以上の対水圧を確保しています。他のメーカーの表記で表したら3000近く行くんじゃないでしょうか?
最低1800はとんでもなく水に強い!

5

対水圧

3

耐水圧:約1,500mm(フロア:約2,000mm)

平均対水圧なのでちょっと微妙。3~4年ほど使うとちょっと水漏れが気になる可能性も。

テントの柱は、ジュラルミンポール。
耐久性に絶対的な信頼がありますが、価格が高い。
異常な荷重をかけると曲がってしまい、曲がった個所はグイッと戻す事ができますが、耐久度は大幅にダウン。見た目では一見曲げ戻したかわかりづらい事もあるので中古などを買う際には注意。

5

耐久度

3

テントの柱は、FRPポール。
耐久度は大幅に下がる代わりに低コスト。劣化も早い。
強い荷重をかけると折れます。

スッとしててすごく好みのデザインです。
スッとしてるおかげで風の影響を受けにくく風の強い日でも不快感を感じないのも素晴らしいです。

5

デザイン

3

アメリカンなファミリーな感じでグッド!でも色がちょっと好みじゃないです。

31/35

合計ポイント

27/35

比較の結果
スノーピーク SDE-001アメニティドーム
の勝利!
ちょっと付け足し

コールマンを買っても、結局タープ欲しくなりそうだったし。スノーピークは長年使っていける質の高い物だと感じたので、ちょっと頑張ってスノーピークのテントとタープを買おう!

ひとことコメントこの比較に関する意見や情報ならなんでもOK!
投稿